一般社団法人の設立、登記申請書や定款作成のお手伝い!東京(銀座、新宿、渋谷、多摩地区等)を中心に全国対応中

一般社団法人と一般財団法人の違い

一般社団法人と一般財団法人の違い

一般社団法人と一般財団法人の比較

一般社団法人と一般財団法人は、名前も少し似ていて、どっちがどのようなものなのか、はっきり区別がつきにくいと思います。

今回は、一般社団と一般財団の違いをいくつか取り上げようと思います。

一般社団法人とは

一般社団法人とは、財産を集め、それをある目的のために運用する法人のことです。

何を目的として活動するか、ということには制限がないので、研究や社会貢献活動、老人会、サークルの運営など、幅広い事業をすることができます。

この点は一般財団法人も同じで、事業内容に制限はありません。

一般財団法人というと、何か社会全体のためになるようなことをしている団体、というイメージもあるかもしれませんが、特定の人を対象にしたり、収益を上げることを目的に事業をしたりしてもかまいません。

むしろ、活動を継続するためには、きちんと利益を上げなければなりません。

この点は一般社団法人も共通して大切なポイントです。

設立時の資金

一般社団法人は、社員による事業のために設立されるので、設立時にいくら資金がないといけない、という決まりはありません。

ちなみに、ここでいう「社員」とは、職員や従業員のことではありません。

 
一般的に「社員」というと会社の従業員をイメージされる方が多いかもしれませんが、一般社団の場合は、総会で議決権を有する会員のことをさします。

会社で言う「株主」の方がイメージ的には近いかもしれません。

「正会員」という呼ばれ方をすることもあります。

社員は役員(理事・監事)を兼ねることができます。

ただし、設立には、定款認証時が約5万円、登録免許税が6万円で、約11万円は費用がかかります。

一方、一般財団の場合、設立時に300万円以上の財産が必要です。

財産というのは、不動産も動産も両方含まれます。

不動産の場合は、価値が300万円以上でなければいけないことになります。

そもそも一般財団法人は、このお金や資産を、ある目的の下に運用するためにつくられる法人のため、設立時に300万円以上集めなければならない、という少し高いハードルがあります。

集められた財産に対して法人格が与えられる、ともいえます。

なお、一般社団法人の場合には基金という制度が定められていて、これがその活動の資金として使われるために拠出される、という点では、一般社団法人の場合と似ています。

しかし、この制度を使うか使わないかは各一般社団法人に委ねられている、という違いがあります。

・一般社団法人:資産の条件なし・設立費用として約11万円(定款認証時約5万円・登録免許税6万円)

・一般財団法人:設立時に300万円以上の資産(動産・不動産問わず)

設立時に必要な人数

一般社団法人の場合、社員2名以上、理事1名以上いれば設立できます。

さらに、2名の社員のうち1名が理事を兼ねることができるため、実質最低2人いれば、一般社団法人を立ち上げることができるのです。

最低2人いれば起業でき、人数を集めるのにあまり苦労しなくて済む点は、一般社団法人のメリットではないでしょうか。

一般財団の場合、設立人1名、理事3名、評議員3名、監事1名が必要で、設立者が理事などの役職にもつけるため、最低7名必要ということになります。

一般社団の2名と比べると、必要とする人数の面では、
一般財団を設立する条件が厳しいといえます。

評議員という役職は一般社団にはないものですが、
財団法人の運営を監査する立場のようなものになります。

・一般社団法人:最低2人(社員2名以上、理事1名以上、社員が理事の兼任可)

・一般財団法人:最低7人(理事3名、評議員3名、監事1名)


定款に書かなければならないこと

一般社団法人と一般財団法人とでは、定款に記す内容も少し違ってきます。

定款に書かなければならないこととして、絶対に書かなければならない絶対的記載事項と、該当する決まりがあるなら記載する必要がある相対的記載事項があります。

ここでは、絶対的記載事項の一覧を比較したいと思います。

○一般社団法人の定款に記載しなければならないこと

・名称
・主たる事務所の所在地
・設立時社員の氏名又は名称及び住所
・社員の資格の得喪に関する規定
・公告方法
・事業年度

○一般財団法人の定款に記載しなければならないこと

・目的
・名称
・主たる事務所の所在地
・設立者の氏名又は名称及び住所
・設立に際して各設立者が拠出をする財産及びその価額
・設立時評議員,設立時理事及び設立時監事の選任に関する事項
・設立時会計監査人の選任に関する事項
・評議員の選任及び解任の方法
・公告方法
・事業年度

いかがでしたでしょうか。

言葉が似ていて違いが分かりにくい「一般社団法人」と「一般財団法人」ですが、いくつか相違点があります。

一般社団法人や一般財団法人が気になったら、どちらがよいか検討してみてください。


ゼロからわかる一般社団法人のつくり方


一般社団法人設立

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional