一般社団法人の設立、登記申請書や定款作成のお手伝い!東京(銀座、新宿、渋谷、多摩地区等)を中心に全国対応中

一般社団法人の略称について

一般社団法人の略称について

一般社団法人の略称

一般社団法人を表記する際には、略称を用いることができます。

平成18年に施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」によって、法人略号が定められました。

株式会社の場合は(株)、有限会社の場合は(有)などと表しますが、一般社団法人の場合は、「一社」と略記することになります。

たまに、「社」という表記も見かけますが、これは社団法人であることを表します。

一般社団法人は、平成18年に制定された上記の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」で新しくできた社団法人の種類です。

最近は少しずつその知名度も上がってきて、「一社」という略号も浸透しつつあるのではないでしょうか。

また、社団法人の中には、一般社団法人の他にも公益社団法人というのがあり、「社」は一般社団法人も公益社団法人も両方表します。

ですので、一般社団法人であることを表すときは、「一社」と表記することになります。

まとめると、「社」と「一社」の違いは、「社」が社団法人全般、「一社」が一般社団法人を表します。

ちなみに、冒頭に言及した「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」では、

・一般社団法人

・公益社団法人

・一般財団法人

・公益財団法人

という4つの法人名称が決められました。

一般社団法人以外の法人は、「公社」(公益社団法人)、「一財」(一般財団法人)、「公財」(公益財団法人)という略称です。

ちょっと細かい違いで分かりにくいですよね。

とりあえず、一般社団法人は「一社」と表記されることだけ覚えて頂ければ大丈夫でしょう。

・(一社)○○協会

・(公社)~~協会

などのように略記されることになります。

また、カタカナで略記する場合があります。

このカタカナの略称は銀行などの金融機関とのやり取りの際、振り込み名義などで使われます。

カタカナでは、一般社団法人も公益社団法人も共に「シャ」と書きます。

「一般社団法人」の英語での表記

最近だと、英語で名刺を作成したい場合や、ホームページを英語で作りたいという場合もあるかもしれません。

そんなとき、「一般社団法人」は、どのように表記すればよいのでしょうか。

実は、日本語で「一社」と書くような決まった表記の方法はありません。

「一般社団法人」の英語訳は、「General Incorporated Association」が最も一般的です。

英語で一般社団法人に名前をつけると、

General Incorporated Association~

のような形が多いです。

また、正式な英語表記として、「General Incorporated Association」を入れなくても大丈夫です。

しかし、英語名の付け方は統一されているわけではなく、色々な英語名を付けている一般社団法人が存在しているので、以下いくつか例をご紹介します。


○日本語名:一般社団法人 夜景・コンベンションビューロー 
→英語名:GenerHome Staging Japan General Incorporated YAKEI Convention & Visitors Bureau
http://yakei-cvb.or.jp/

○日本語名:一般社団法人 ジャパン オーガニック パーティー® 
→英語名:Japan organic party 
http://www.jop.or.jp/about/

○日本語名:一般社団法人 日本福祉車輌協会
→英語名:Japan Wheelchair-accessible Vehicle Association ( JWVA )
 https://jwva.net/association-overview-eng

 

このように、あなたの一般社団法人に英語名をつけるとしたら、「一社」のように特に決まった略称はなくなります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional